誕生日が同じなのに

人間、謙虚で優しいのが一番ですね。あんな上から目線な人間にはなりたくない、とつくづく思いました。公文で学んだことはこれが一番、良かったことです。できる子は親が教育熱心というより何事も一緒に頑張ってあげている感じがします。公文にしても、家で採点してあげたりとかまってあげています。一方、伸び悩んでいる子供は親が放置しています。公文でだされた宿題をしなさいと言葉では言うのですが、言うだけなのです。それだけではダメなんです。何事も子供と一緒に楽しくやれば自然と伸びていくのだと感じました。ほとんどが兄弟どちらもできる子です。それはやはり親の努力のたまものですね。勉強が勉強ではなくまるでゲームみたいな感覚になれると算数はどんどん楽しくなります。算数は10歳までが勝負です。よく高学年からしっかりやらせようとする親がいますが、算数はとにかく四則までしっかり、しかも早く解けるように訓練することです。計算が早いとそれだけ人より時間ができます。足し算、引き算を習うようになったら、とにかく100マス計算をして1分くらいで全部解けるように訓練するのです。繰り上がりとか繰り下がりとかそういう理論はほっといて、暗記するのです。カードにかいてどんどん答えを言わせるのもいいですが、100マス計算をしてタイムを記録していけば励みになりますから。足し算と引き算が早くなれば掛け算や割り算になっても楽々です。掛け算や割り算は足し算と引き算が早くないと、できませんからね。とにかく四則をしつかり訓練することです。そうすれば分数になっても理解が早いです。だから高学年になってから算数をやらせようとしても無理なんです。そのときは足し算からやり直して訓練するのがいいのですが、高学年になって今更、足し算なんてやる気にならないので、挫折するんですよね。だから算数は4年生までが勝負なのです。それから、国語では読解力が大切にです。理科だって社会だって読解力がないと理解できませんから、読解力は基礎ですよ。

小学校の先生にも色々います。結局は人間なので、癖のある人もいます。ひいきしちゃいけないといっても人間だもの。好き嫌いはあるよね。それをどれだけ見せないようにできるか、なんでしょうけど。やっぱりお気に入りの子は可愛がりたくなるもんです。私が小学校のとき、真紀ちゃんという可愛い子がいて、このこと誕生日が同じなのに可愛さは真紀ちゃんが100倍上だった。その子、男の担任の先生に可愛がられてて、忘れもしない。その男の先生が真紀ちゃんのことを「小学生なのに色っぽい」と言っていたんです。色っぽいの意味がわからなくて、ずっと覚えているんです。今、これいったらやばくないですか?